市場だより

MARKET

2018年5月販売見通し [果実] ※降雨や降雪などの天候の影響により見通しがずれる場合があります。

投稿日時:2018/05/01

びわ

作柄概況・販売見通し
千葉県:“ハウスびわ”
鹿児島県:250g×4のPK形体が中心。 L~M中心。大玉は少なめ
長崎県:ウスびわ”入荷。PK(5,6,8玉入り)

 

りんご

作柄概況・販売見通し
青森県: “サンふじ”が終了し“有袋ふじ”の出荷が開始。小玉傾向。36~40玉中心。全体的に数量は少なめ。

 

メロン

作柄概況・販売見通し
茨城県:旭村より“オトメメロン”入荷。前年より作付が減少。(約2ha) 玉の肥大化は良好で3L(4玉)と2L(5玉)中心。
千葉県:JAきみつ富津より“プリンスメロン”入荷。連休明けからハウス物がスタート
静岡県:5~6玉中心。やや大玉傾向。
熊本県:“アンデスメロン”が中旬までで終了。“クインシーメロン”と“タカミメロン”は中旬、下旬にピーク。

 

いちご

作柄概況・販売見通し
栃木県:“とちおとめ”入荷。グランデ中心の入荷が継続。終盤に差し掛かります。
茨城県:6月中旬まで出荷継続予定。コンテナの出荷中心。
福岡県:“あまおう”入荷。GW明けには終了する見込み。レギュラーパック中心。
佐賀県:上旬にて出荷終了。

 

サクランボ

作柄概況・販売見通し
アメリカ カリフォルニア産が入荷。受粉時に雨が降った影響で実にならず、昨季の3分の1程度の生産量。全体的に大玉傾向で食味良好。
山形 母の日に合わせて出荷量が最盛期に向かう見込み。300g化粧箱と100gPKが中心。

 

大玉すいか

作柄概況・販売見通し
千葉県:5月の上旬にハウス品は減少傾向。下旬からは露地物。2L,L中心。

 

小玉すいか

作柄概況・販売見通し
茨城県:品種は“姫甘泉”と“ひとりじめ”上旬に1番果のピークを迎える。5玉中心。下旬は2番果が出荷され、6玉中心になる。
群馬県:“ひとりじめ”入荷。2番果中心の入荷。上旬の入荷量が多くなる見込み。

 

キウイ

作柄概況・販売見通し
“サンゴールドキウイ”は中旬にかけて入荷が安定し、数量も増える見込み。22~25玉中心。
“グリーンキウイ”はGW明けに入荷。去年よりやや小玉傾向で、27~30玉が中心。

最新記事

一覧を見る